埋没毛にならない!肌に優しい脱毛方法とは?

どうして埋没毛になるの?

ムダ毛処理に悩みを抱える人は、埋没毛にも悩まされることが多くあります。埋没毛とは文字通り肌に埋まってしまっている毛のことで、埋もれ毛とも呼ばれます。普通の毛のように肌の表面から生えてくることなく、表皮の下で渦を巻くように伸びていきます。
埋没毛になる原因は、毛穴が塞がってしまうことです。毛は、皮膚の深いところにある毛根から伸びてきます。その毛が皮膚の表面まで達した時に出口となる毛穴が塞がっていると、表面に出てくることができません。結果、行き場を失ったまま表皮の下で伸びることになってしまいます。
では、なぜ毛穴が塞がってしまうのかと言うと、その原因は毛穴周りの傷です。毛穴周りに傷が付くと、その傷が塞がる時、毛穴まで一緒に塞がってしまうことがあります。傷を過剰に治してしまうことによって、埋没毛が生じるのです。

埋没毛にならずにムダ毛処理をするには?

埋没毛を避けるには、毛穴を傷つけずにムダ毛処理をすることが必要になります。
特に、ピンセットなどを利用してムダ毛を抜いていく自己処理は避けるべきでしょう。ピンセットを使う方法は、刃物を使わないということもあり、一見すると肌に優しそうに思えます。しかし実際には、本来毛穴より大きい毛根を無理やり引き抜くことになるため、毛穴には大きな負担がかかります。引っ張っている過程で、ムダ毛が毛穴を傷つけることも多くあります。
毛穴に負担を掛けない方法としては、光等を使用した脱毛や、薬剤による除毛が挙げられます。ピンポイントで毛根に働きかけたり、表面に出ている毛を溶かしたりする方法なら、毛穴に掛かる負担は最小限に抑えられます。

全身脱毛の範囲には実は種類があります。主に、顔やVIO(デリケートゾーン)も含む全身、顔と全身、VIOと全身、顔とVIOを含まない全身の4パターンです。脱毛の範囲によって値段が変わります。